成功する秘訣|ISO9001を取得して品質管理を徹底しよう【業務の質と効率を上げる】

成功する秘訣

PC

始めるならできることから

ISO9001を取得したらマニュアルを作成します。基本的に難しいことは考えずに、できることから始めていくのが無難です。新しいルールなどを作り、マニュアルに詰め込んでも実践するのが難しければ効果はないといえるでしょう。できることからやるのが大切です。

マニュアルは分かりやすく

難しいマニュアルを作成しても、従業員が困惑するだけです。マニュアルを分かりやすく作るのがポイントとなるでしょう。またシンプル過ぎるマニュアルだと、何をすれば良いのか分からなくなる場合もあります。誰が何をするのかが、誰でも分かるようにマニュアルを作成しましょう。

役割を明確にする

責任者と従業員の役割を明確にすることも、マニュアル作りでは重要となってきます。教育訓練のためには、何が必要で何をするべきか明確にすると良いでしょう。そうすることで、責任者と従業員それぞれが自分の役割を自覚することができます。人的資源を有効活用出来るようになるでしょう。

継続が大切

ISOで成功するためには、効果的な内部監査を継続して行う必要があります。基本的に時間をかけて効果を発揮するのがISOです。きちんとマニュアルが効果を発揮しているか、チェックしておきましょう。不合理を発見することで、改善できる仕組みかどうかを調べ続けるのです。

焦らずに続けよう

基本的に継続することによって、ISO9001の効果を実感することができるでしょう。ISO9001に興味がある方は、セミナーへの参加がおすすめです。より深くISO9001について理解できるようになるでしょう。

セミナーの種類

規格解説セミナー

ISO9001を正しく理解するのに大切なセミナーです。基本的なISOの考え方が分かるようになるでしょう。また、PCDAの見直し方についても説明を受けることができます。

内部監査技法セミナー

内部監査はルール違反を、ルール違反だとハッキリと指摘することが大切です。内部監査技法セミナーに参加すれば、正しい判断を下せるようになります。効果的な内部監査を実現できるでしょう。

食品安全ハザード分析セミナー

食品安全マネジメントシステムに関するセミナーです。セミナーでは、確実にハザード分析が行える方法を学ぶことができるでしょう。食品の安全を確保するマニュアル作りに活かせます。

広告募集中